団体信用生命保険の告知について、わかりやくす説明します! | 保険の学び場

生活

団体信用生命保険の告知について、わかりやくす説明します!

投稿日:

団体信用生命保険は、住宅ローンを組む際に、ほとんどの方が加入を検討されていらっしゃることと思います。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの借入者が、返済期間中に万一の事があった際、住宅ローンの返済が滞らないようにする為、加入する生命保険です。

この団体信用生命保険に加入するためには、告知というものが必須条件になります。

今回は、団体信用生命保険に加入する際に行われる審査と告知について、わかりやすくご説明させていただこうと思います。

 

団体信用生命保険についての記事、住宅ローンを組むためには、団体信用生命保険加入も必要!?特約って何?

でも紹介しています。

団体信用生命保険に万が一加入できない場合の記事は、団体信用生命保険に加入出来なくても、住宅ローンを組む方法とは?

で紹介しています。良かったら参考にしてください。

団体信用生命保険について簡単にご説明します。

まず、団体信用生命保険とは、死亡や高度障害に陥った際に支払われる生命保険のことになります。

通常の生命保険と異なるところは、保険金の受取人は家族ではなく、住宅ローンの借入先である金融機関であるという点になります。

住宅ローンを借入している被保険者に万一の事が起きると、保険会社から金融機関に保険金が支払われ、住宅ローンの返済が完了するということになります。

その大事な命綱である、団体信用生命保険に加入するためには条件があります。

団体信用生命保険に加入するための条件とは?

住宅ローンを借り入れる際は、ほとんど団体信用生命保険に加入することが必須となります。フラット35の場合は任意加入となります。

この生命保険に加入するには、当然ながら条件と言うものがあります。

その条件とは、病歴・現在の健康状態について告知するということです。

団体信用生命保険に加入出来るか否かは、住宅ローンが借りられるかどうかにも大きく影響してきます。

団体信用生命保険の告知とは?

団体信用生命保険は申し込みの際の告知義務というものがあります。

その内容については、住宅ローンを申し込んだ金融機関や、保険会社によって異なりますが、通常は下記3つの質問内容となっています。

  1. 最近、3ヶ月以内に医師の治療(指示・指導を含む)・投薬を受けたことがありますか?
  2. 過去、3年以内に下記の病気で、手術を受けたこと、または2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導)・投薬を受けたことがありますか?
  3. 手足の欠損、または機能に障害はありますか?または、背骨(脊椎)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか?

の3つの質問に正しく答えなければなりません。

そして、3つの質問全てクリアという場合は、契約締結ということになります。

もし当てはまるという項目がある場合は、さらに詳しい病状を伝えなければなりません。

それでは次に、どのような病気に対して告知義務が発生するのかお伝えしていきます。

告知すると、契約出来ない病気とは?

① うつ病などの精神疾患

② 糖尿病

③ 肝炎

④ 新造形の疾患

⑤ がん

⑥ 脳疾患

⑦ クローン病

⑧ 緑内障

難病指定の病気については契約は厳しいようです。

緑内障については、意外だと感じられた方も多いかと思います。この病気は失明の危機がある病気になります。

団体信用生命保険は、死亡だけでなく、高度障害になった場合においても保険金が支払われます。

そして、高度障害に該当するものの中に、両眼の視力を全く永久に失ったものという項目がありますので、緑内障については契約は厳しくなってしまうのです。

高血圧で薬を服用しているだけの場合は、告知義務自体は発生しますが、年齢相応の血圧数値内であれば契約出来る可能性は高くなります。

ただし、あくまでも最終的には保険会社が判断を下します。他の保険会社によっては条件が異なりますし、契約が出来ることもあるかもしれません。

その為、まずは申し込みをして結果が出てから、次の策を考えるようにしても良いでしょう。

では、病名についても見ていきましょう。

心臓疾患

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心臓弁膜症
  • 先天性心臓病
  • 心筋症
  • 高血圧症
  • 不整脈
  • その他の心臓病

脳疾患

  • 脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)
  • 脳動脈硬化症
  • その他脳の病気

精神疾患

  • 精神病
  • うつ病
  • 神経症
  • てんかん
  • 自律神経失調症
  • アルコール依存症
  • 薬物依存症
  • 知的障害
  • 認知症

呼吸器疾患

  • ぜんそく
  • 慢性気管支炎
  • 肺結核
  • 肺気腫
  • 気管支拡張症

胃腸疾患

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 潰瘍性大腸炎
  • すい臓炎
  • クローン病

肝臓腎臓疾患

  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 肝機能障害
  • 腎炎
  • ネフローゼ
  • 腎不全

目の病気

  • 緑内障
  • 網膜の病気
  • 角膜の病気

ガン

  • ガン
  • 肉腫
  • 白血病
  • 腫瘍
  • ポリープ

女性特有の疾患

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 乳腺症
  • 卵巣のう腫

その他の疾患

  • 糖尿病
  • リウマチ
  • 膠原病
  • 貧血症
  • 紫斑病

ありとあらゆる病気が告知の必要があります。

告知書を記入する時の注意点は?

これほどの疾患に対し告知義務がありますので、記入する際には注意も必要となります。

先ほども触れたように、全くの健康体という方はなんら問題ありません。

では、もし該当する持病を抱えていた場合の注意点を3つお伝えします。

  1. 治療状況
  2. 現在の病状
  3. 今後の経過

この3つを出来るだけ詳しく記載するようにしましょう。

保険会社としては、保険加入に対し4つの判断材料が必要となります。

  1. 病気は完治しているのか?
  2. 進行中なのか?
  3. 今後の見通しが悪いのか
  4. 合併症のリスク

詳細を記入していれば、本来は保険加入できるケースだった!という事も起こり得ます。

くれぐれも注意が必要です。

病気について詳しく伝えてしまう事を心配だと思われるお気持ちもわかります。

ですが、病気が完治している場合や、症状が落ち着いているという場合はアピールしておく方が賢明だと言えます。

告知書に記入すべき内容は?

告知書に詳しく記入すると言っても、何をどうやって書いたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

記入するポイントをまとめましたので、参考になさってください。

  1. 病気にかかった時期と治療期間
  2. 治療内容について
  3. 服用している薬について
  4. 現在の病状
  5. 検査の数値を持っていれば記入

団体信用生命保険は、大きな保障が得られる大切な保険です。

ですから、保険会社としても慎重にならざるを得ません。

大きな保険に確実に加入するためには、病気の治療や医師の指示をしっかり守っているということが必要になります。

詳細に記入すればするほど、正しい判断を行いやすくなると言えます。

告知書に詳しく記入しなかった人はどうなる?

告知書に詳しく記入することに躊躇してしまう方もいるかもしれません。

もしも、詳しく記入しなかった場合、保険会社の判断がどうなってしまうのかをお伝えしたいと思います。

 

例えば、高血圧症で全く同じ治療しているAさん、Bさんがいたとします。

Aさんは、単に薬を服用中とだけ記入しました。

Bさんは、薬の名前・1日の服用回数も記入しました。

保険会社がどちらを加入させたかは、もうおわかりですね。

Bさんは無事に加入することが出来ました。

 

では、保険会社はどのような判断基準でAさんの加入を認めなかったのでしょうか?

Aさんについては、飲んでいる薬の名前も明かしていないため、一番きつい薬を服用しているのでは?という判断をしてしまいます。

つまり、保険会社としては出来る限り、リスクを負いたくないのです。

実際は、AさんもBさんも、全く同じ状況にも関わらずです。

心理的に詳細を記入することに抵抗を感じる事でしょうが、実際は不利に働くと覚えておきましょう。

保険会社によっては、美点評価という方法もあるようです。

これは、正直者には点数をあげましょう!というもの。

どのような場合に美点評価がつくのかというと、診断書や健康診断結果も提出している方に適用されたりします。

ほとた場合に適用されていたりします。

告知義務違反は絶対にやめましょう!

素敵な住宅を手に入れたい!というお気持ちよくわかります。

団体信用生命保険に加入できないと、住宅ローンが組めないかも…。

と心配のあまりに、虚偽の告知を行ってしまうと、とんでもない事態が待ち受けています。

どうなってしまうのでしょうか!

  • 保障開始から2年以内の場合は、契約が解除。
  • 2年を超えても詐欺に問われ、保険金がおりない。

せっかく住宅ローンを組めたとしても、つい出来心で台無しに。

一番困ってしまうのは、愛する家族です!

さらには、金融機関や保険会社からの信用も完全に失います。

そうならないためには、清く正しい告知をすることを心がけましょう。

まとめ

団体信用生命保険の告知は、一筋縄では行かない部分でもあります。

正しい告知を詳しく行うことで、正々堂々とマイホームを手に入れることをおすすめします。

 

今回は、団体信用生命保険の告知についてお伝えしてきました。

住宅ローンに関する記事をまとめましたので、良かったらこちらも参考にしてくださいね☟

住宅ローンに関する記事はこちらへ

-生活

Copyright© 保険の学び場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.