傷害保険ってこんな仕組みなの?医療保険とは違った傷害保険の特徴を解説! | 保険の学び場

損害保険

傷害保険ってこんな仕組みなの?医療保険とは違った傷害保険の特徴を解説!

更新日:

 

みなさま『傷害保険』についての詳しい仕組みはご存知でしょうか。

学校の部活動などの運動しているときにケガをしたり、海外などの旅行先でケガをしたりなど、日常生活のあちこちに思わぬケガのリスクが潜んでいます。

また不慮の事故に見舞われ、死亡してしまうという可能性もあります。

傷害保険は、そんなケガによる通院や入院や死亡・後遺症から発生する経済リスクを補償します。

もしかすると、傷害保険=ケガの保険というイメージが強いかもしれません。

「でも医療保険と傷害保険にはどんな違いがあるの?」

こんな疑問を持っている方も少なくないでしょう。

 

この記事では読者のこのような疑問を解決し、加えて傷害保険の詳しいしくみまで解説していきます。

是非最後まで読んでいただき、正しい知識を活用してください。

 

他にも、いざという時のための保険にはこのようなものも存在しています☟

事故率No.1!自転車保険が必要な理由とその詳細

賠償責任保険とは?日常生活で起こり得るリスクについて

収入保障保険って必要なの?今から出来る子どもと家族のための保険

是非、参考になさってください。

傷害保険ってそもそもどんなものなの?

 

さて、まず初めに傷害保険の基礎的な仕組みについて復習しましょう。

先ほど少し書きましたが、傷害保険とは『ケガの保険』というイメージで間違っていません。

主に思わぬケガや死亡などを補償してくれる保険です。

 

 

傷害保険の種類について

ではその傷害保険にはどんな種類があるのでしょうか。

この表の普通傷害保険が基本となり、事故の内容や保険対象者によって種類分けされています。

他にもいくつかのタイプがありますが、今回は主要的なものをピックアップしました。

表を確認し、「こんな種類があるのか」と確認していただければなと思います。

 

 

傷害保険の3つの条件

『ケガの保険』とも呼ばれる傷害保険ですが、補償を受けるには3つの条件があります。

  • 突然のケガであること
  • 思わぬ事故であること
  • 外部的な事故であること

この3つについてもう少し詳しく解説していきます。

 

突然のケガであること

これは、事故が起きてからケガをするまでの期間が短いものであることを指します。

突発的なものでないと、補償を受けることができません。

転んで捻挫をするのは事故からケガまでの時間が短いので保険が適応されますが、激しい運動の翌日に筋肉痛になるなどは補償されません。

 

思わぬ事故であること

思わぬ事故というのは、予測できないものである必要があるということです。

例に出してみますと、公園から野球ボールが飛んできてケガをするなどがわかりやすいでしょうか。

友達とケンカになってその結果ケガをしてしまうなどは、補償範囲外になってしまうので注意する必要があります。

 

外部的な事故であること

3つ目の条件です。

最後のこの条件は、身体の外部からくる事故によるケガでなければなりません。

例えば仕事の徹夜で翌日疲れてしまい、倒れてしまってケガをした場合には保険は適応されません。

逆に自転車にぶつかられてケガをした場合はこの条件をクリアしたことになります。

 

3つをまとめると、急激かつ偶然で外部からくる作用が原因であることが必要ということです。

傷害保険はどんなケガでも補償されるわけではないので注意しましょう。

 

 

医療保険と傷害保険の違い

 

さて次に前半でも少し書いた「医療保険と傷害保険の違い」について、解説していきましょう。

よくある勘違いとして「医療保険と間違って傷害保険に加入していたために、病気で入院した時に保険金が出なかった!」というものがあります。

第一に知っておいてほしいのは、医療保険は病気やケガによる被害を補償するのに対し、傷害保険は主にケガによる被害を補償します。

そのため、医療保険と勘違い傷害保険に加入していた場合は、病気によるリスクを補償してくれないわけです。

この違いは理解しておいてください。

 

では「傷害保険より補償範囲の広い医療保険の方が優れているんじゃないか」という新しい疑問が生まれそうですよね。

また、「じゃあ傷害保険はなんのためにあるの?」といった疑問も生まれそうです。

ここからは「傷害保険にはこんな利点があるよ」といった解説をしていきます。

 

上では医療保険は病気とケガ、傷害保険は主にケガのみの補償の違いがあると書きましたが、医療保険と比べて傷害保険の保険料の方が安いという利点があります。

よって医療保険と傷害保険双方に加入する場合には、保険内容をバランスよく設定するのが大切です。

そのためケガの多い仕事をされている方は、医療保険に加えて傷害保険にも加入するというのが賢い選択と言えるでしょう。

例を出して考えてみますと、ケガのする可能性や頻度が高い人(スポーツ選手など)は医療保険で入院日額を6,000円程度にし、傷害保険の脂肪を少なめに400万円、入院7,000円、通院3,000円程度で加入することで、病気とケガのリスクどちらをもバランスよくカバーすることができます。

 

さて、医療保険と傷害保険の違いについて解説が終わったところで、次からは傷害保険の『ウリ』について書いていきます。

 

 

通院補償が傷害保険のウリ!

 

見出しにもありますが、傷害保険の大きな特徴は、通院保険金だけでも保険金を受け取ることができるということです。

医療保険でも通院保険金を付けることはできるのですが、それは入院が終わり退院した後が対象です。

この点の違いが、傷害保険の最大のウリとなっています。

 

死亡 入院 退院
被保険者数(人) 20,239,659 15,375,976 12,103,802
被害者数(人) 3,132 90,174 488,031
支払い率(%) 0.015% 0.59% 4.03%

平成27年度 損害保険料算出企業 普通障害保険統計

支払い率 = 被害者数 ÷ 保険者数 × 100

 

この表からもわかりますが、損害保険料算出機構によれば、平成27年度に普通傷害保険に加入した人のうち、死亡で支払いを受けた人は全体の0.015%、入院は0.59%、その中でも通院は4.03%と圧倒的多さになっています。

このように、通院補償は傷害保険の中でも最も求められる補償となっているのです。

ここでもひとつ注意点がありますが、傷害保険の対象はケガによるもののみなので、病気の場合は対象外になってしまうことに気をつけてください。

 

 

では最後にちょっとしたアドバイスとして、保険料の受け取り方について書きます。

傷害保険の通院は、病院や診療所などの医師に診てもらうための通院です。

医師の指示による接骨院や整体院への通院は補償となりますが、医師の指示のない通院は特殊なケースを除き原則補償対象外になっています。

 

傷害保険の保険金請求はとても簡単な仕組みです。

保険金請求の際に必要となる書類は以下の通りです。

  • 保険金請求書
  • 診断書
  • 事故証明書(交通事故の場合に必要)

保険金請求書類については保険会社の定める保険金誓約書に内容を記載します。

診断書も保険会社特定の診断書を医師に記入してもらえば大丈夫です。

交通事故の被害者になってしまった場合に必要となる事故証明書は、加害者側の保険会社が内容を証明する書類を取得している場合が多いですから、その写しを取得できれば完了です。

今では警察の方に届けを出していれば、インターネットで事故証明書を取得することが可能です。

 

 

まとめ

今回は傷害保険の基礎的な知識から、医療保険とは違った利点などを紹介しました。

いかがでしたでしょうか

是非ともこの正しい知識とともに、適切な補償内容の設定をしていただければと思います。

 

関連性の高い記事をまとめていますので、良かったら参考になさってください☟

学資保険・その他保険に関する記事はこちらへ

 

-損害保険

Copyright© 保険の学び場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.