老後2000万円問題の本当の問題は?必要な老後貯金額はそれ以上? | 保険の学び場

年金

老後2000万円問題の本当の問題は?必要な老後貯金額はそれ以上?

更新日:

マイコ
ここ最近、テレビとかツイッターで炎上してる「老後2000万円問題」って何故炎上しているの?

様々な方向から炎上していて、何が問題で何が起きているのかわからない方も多くいらっしゃると思います。

今回は、この問題についての簡単な解説と、老後に必要な貯蓄額について、解説していきたいと思います。

老後2000万円問題の本当の問題は?

すでにご存知の方も多いかと思いますが、2019年6月3日に金融庁から発表された「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」の内容を巡ったものです。

 

この報告書には「老後の年金が一人あたり2000万円不足する」と記載されており、この事実を政界やマスコミで大きく取り上げられたことによって私たちの不安が更に煽られて炎上したというのが経緯のようですね。

 

主人
ところで、この2000万円っていう数字は何を基準にして導き出したものなんだろう?

 

この2000万円という金額は、「様々な家計の調査によって導き出された平均的な経費を考えた結果」とのことです。

 

金融庁の本当の狙いは、「95歳まで生きると仮定して、将来このくらいの額が必要になるため、早目の資産運用、貯蓄を」というのを呼び掛けたかったとしています。

 

マイコ
そんなこと言っても、2000万円貯金しておきなさいって…なかなかシビアよね。

 

実際問題、その貯金額を確保しなくてはならないのかという不安と、金融庁の上記の発言が余計に一部炎上してしまったという事なんですね。

そして、一部では、年金は必ず貰えるものではなく、万が一にそなえる保険だと思っておけという過激な意見も目立っています。

 

様々な問題が上がっていますが、老後2000万円問題における本当の問題は、「2000万円でも足りない」可能性があるということです。

 

2000万円でも足りない!老後にかかる経費って?

誰しもが迎える老後ですが、どう考えても2000万円では足りない可能性があると危惧しています。

2000万円という不足分は、家計調査のもと行われて出たものだと冒頭で説明しましたが、数字で表すと以下の理由から算出されています。

定年を迎えた65歳夫婦の平均 実収入 月 209,198円 ー 実支出 月 263,718円 = 赤字額 月 54,520円

毎月赤字が54,520円ほど出ると仮定して、定年を迎えた65歳から95歳までの30年間分の資金は約2000万円必要だという内訳なんです。

マイコ
子どもの事を考えると、私たちの介護で困らせたくないし。自分たちは自分たちで解決したいわよね。
主人
老後にかかるお金って、何があるかピックアップしてみよっか。

<老後にかかる費用の一覧>

※マイホームを購入していたら
リフォーム代:約500万円

入院費・介護費:約0円~1000万円

葬儀:約200万円

参考サイト:女性自身 「老後2000万円報告書」よく読めば3660万円足りないことに

 

先程の提示された2000万円にはこの老後にかかる費用というのは、含まれていない状態の赤字金額です。

2000万円から更に上乗せしたとしたら、どう考えても足りないというのが明白ですよね。

 

少なくとも3000万円はかかる計算です。

 

話は少し飛びますが、人間と言うのは生命活動を終える、寿命というものと、人の手を借りることなく生活出来る状態である、健康寿命があります。

健康寿命はおおよそ、平均寿命を迎える10年前に迎えるというデータがあります。

 

ですので、入院費や介護費というのは必ず必要になってくるものですし、健康寿命が続く間に何としてでも確保しておかなければなりません。

マイコ
自分の身は自分で守らなきゃいけないってことよね。

まとめ

◆ 老後2000万円問題の本当の問題点は、2000万円では足りない可能性がある点

◆ 老後資金は3000万円必要

今回の騒動は、国民が資産運用などの金融系に関心を向けるための策略だと一部で囁かれていますが、

実際に自分の身は自分で守る!ではありますが、この問題を機に自分で資産運用を考えないといけませんね。

 

資産運用に関しては、以下のページに資料請求できるサイトをまとめておきました。

老後に備えてコツコツ資産形成されたい方は是非、『老後2,000万円貯金に備える!賢い資産運用方法のまとめ』の記事をご覧ください。

 

 

 

-年金

Copyright© 保険の学び場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.